ハートランドみのり

「ミンナ_シッテル」公演レポート

てあとるみのり第7回公演「ミンナ_シッテル」が無事終了しました!

たくさんのお客様にご来場いただきました。誠にありがとうございました。

今回は公演日前日の仕込みの様子から、公演の様子までをお届けします!

 

まずは前日の仕込み(舞台と会場の設営)の様子です。

hIMGP8620.jpg

 

 

hIMGP8633.jpg

今回の舞台のイメージは「白」でした。壁も床も白い部材を貼り付けました。

 

hIMGP8641.jpg

中央にステージを設営。実際にはこの周囲も演技エリアでした。

そして、客席は全方位!てあとるみのりとしても初の試みでした。

 

hIMGP8642.jpg

入口、楽屋への通用口には養生シートを貼りました。土足でもへっちゃらです。

 

hIMGP8669.jpg

夜は制作部隊が当日券、パンフレットなどの準備に勤しんでいました。

 

続いて公演の様子です。

hIMGP8779.jpg

 

hIMGP8812.jpg

 

hIMGP8905.jpg

 

hIMGP8929.jpg

 

hIMGP9037.jpg

 

hIMGP9082.jpg

 

 

hIMGP9248.jpg

最終公演前に楽屋入口から舞台を撮影しました。いい雰囲気です。

 

そして公演が終わってからは片付けです。1時間30分程度で...

hIMGP9475.jpg

いつものハートランドみのりに早変わりしました。ちょっとさびしい気もしますね。

 

今回の物語は、情報が先行する現代社会を風刺したような、少々暗い影を落とすような内容でした。最新のスマートフォンを手に入れるためにそれぞれの主張や思惑が交錯する中、情報とはなんなのか、真実とは何なのかが、見る者すべての心に問いかけられました。また、それと対極にあるかのような、人との触れ合い、本当のコミュニケーションの存在を考えさせられる作品でもあったというご感想もいただいております。とても身近な題材を取り上げ、そこにかなりの深みを持たせた、まさしく、現代社会の光と影、白と黒のコントラストを際立たせた物語でした。お客様の中からも「スマートフォンを買いたかったけれど、どうしようかと思わされた」「自分は何のためにスマホを買ったのか、考えさせられた」「現代哲学ともいえる内容だった」「現実の刺々しさも大切なのだと感じた」といったお声が聞かれました。脚本として伝えたかったことが役者の肉体と魂を介して、皆様に届けられたようで安心しております。本当にありがとうございました。

てあとるみのり主宰 椙田佳生

 

公演の様子、そして次回公演の情報は、各種ブログをご確認下さい。画像もたくさん掲載されていますのでぜひ!

てあとるみのり公式ブログ

T.M.Evolutionブログ

ツイッター(総監督のつぶやき)

 

投稿日:2012年3月12日 18:27 | コメント(1)

てあとるみのり様
公演も見ました。皆さんの素晴らしい演技と内容に
とても感動しました。お疲れ様でした。
次回の公演も楽しみにしています。

▲ページトップへ