ハートランドみのり

club No.1 終了! ~公演レポート~

数カ月にわたり取り組んできた、てあとるみのり第6回公演「club No.1」が、9月18日(日)無事に千秋楽を迎えました。3日間6ステージの舞台は時間的にも体力的にも厳しいものでした。しかし、日々公演を重ねる中で、舞台の内容、役者自身が成長していく実感もありました。今回は公演の報告を、少々長くなりますが紹介します。

 

9月15日(木)、16日(金) 仕込み~本番初日

 

朝になってもセットがすべて組み終らず、特に掲示する印刷物(偽物の雑誌記事)は開発0%という、とんでもない状況でした。各セクションのやりたいことに優先順位をつけ、なおかつ作業時間にリミットを設けて突貫で形にしました。今回は壁面を黒塗りコンクリを模した模造紙で覆ったのですが、壁への吸着が甘く、何度も剥がれ落ちてくるという事態が発生。本番までに必死の補強が行われました。また、装置レンタルで舞台の中にミニステージを設営し、今回の物語の舞台、ライブハウスを表現しました。

さらに今回は、グッズ販売も行いましたので、その準備にも奔走しました。販売していた脚本集が完成したのは仕込みの日の夜中22時過ぎでした。てあみの(限定バージョン)は、初日の午前中まで生産が続いていました。本当にギリギリの闘いでした。

 

IMGP5768.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP5780.JPG

 

 

 

 

 

 

IMGP5793.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9 月17日(土)、18日(日) 本番2日目と最終日

 

 

いずれも2ステージ。3日で6ステージの集中上演。上演時間は1時間45分程度で、お客様のお見送りと次の客入れがあるため、インターバルは1時間ほどしかありません。ほとんどご飯も口にできないまま、昼から夜へと目まぐるしく準備します。夜の公演を終えた役者の第一声は「お腹が空いた」でした。

出番のタイミングが遅れる役者、セリフが少し省略されてしまう役者、セリフがなかなか出てこない役者など、様々なハプニングがありました。初日こそ「笑ってごまかせ」的なアドリブに逃げていましたが、2日目の朝に全員で、その後ろ向きな姿勢を猛省し、きっちり役に向き合い、舞台の中の世界で自由に動こうということを確認しました。そこから見違えるような成長を遂げたのが、今回の作品でした。

気持ちの面、物資(装置、小道具など)の面での準備が不十分だったことが、今回の芝居のスタートを遅いものにしていたのも事実です。全員の見解として、裏方業務も役者みんなで分担して、数名の人間だけが作業するのではない体制を作ろうという次回への目標も共有できました。

 

 

IMGP5801.JPG

 

 

 

 

IMGP5914.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP5936.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千秋楽の最終公演では、恒例の出演者フリートークタイムが、涙あり、笑いあり、真面目ありと、芝居以上に役者の個性が発揮される時間を提供できました。

壮絶ながら実りある、あっという間の3日間は無事に終了。お客様からも多くの励ましのお言葉と、感動のお言葉をいただきました。これも必死になってみんなで作り上げた思いがあってのことではないでしょうか。ご来場いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

どの回も、そんな思いを込めて役者全員でお客様を見送りました。またのご来場をお待ちしております!

 

 

IMGP5897.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 end

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

and...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てあとるみのり第7回公演

「ミンナ_シッテル」 脚本・椙田佳生

2012年3月9日(金)・10日(土)11日(日)

 

今後の情報は・・・てあとるみのり公式ブログにて

 

※最終日の舞台で発表された日程から変更になっておりますのでご注意ください

※作品タイトルは制作段階でマイナーチェンジする可能性があります

投稿日:2011年9月20日 16:56 | コメント(0)

▲ページトップへ