地域生活支援センターこかげ

寒暖差アレルギー

 
気候の変化を感じる今日この頃ですが皆さんいかがお過ごしですか?ここ数日のように、寒暖差が大きい時期に起こりやすいとされる「寒暖差アレルギー」というものがあります。

この時期、鼻水や鼻詰まりの症状を訴える人が増えているそうです。
ここ数日の大きな寒暖差があり、鼻水・鼻詰まりの原因は、風邪ではなく、寒暖差アレルギーの場合もあるそうです。

寒暖差アレルギーというのは、医学的には、血管運動性鼻炎と言われているそうで、アレルギー性鼻炎と同じような症状を起こすようです。温度差などが刺激となって、鼻の粘膜が腫れてきて、鼻詰まりを起こして、鼻水がひどくなるそうです。

大人に比べて、顔が小さく、鼻の奥の空間が狭い子どもは、特に注意が必要だそうです。

寒暖差アレルギーは、日中の気温差が大きいことも原因となるようで、
家庭での予防策としては下半身を冷やさないようにしたり、体の冷えに注意することが必要だそうです。
 
服装や睡眠時などなかなか調整は難しい時期ですが、体調管理にはお気を付け下さいませ。
投稿日:2012年6月 7日 11:47 | コメント(0)

▲ページトップへ