地域生活支援センターこかげ

五月病

みなさんGWも終わり、いかがお過ごしですか?5月といえば・・GW、こいのぼり、田植えなど連想しますが五月病も連想されやすいですね。

五月病は、5月にかかる病気という訳ではないようです。日本においては、新年度の4月に就職など新しい環境に変わった人が、新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できなず、うつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称があるそうです。医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断されるそうです。

症状としては、やる気が出ない。イライラする。憂鬱になる。焦りや不安を感じる。何をするにも億劫に感じる。学校や職場に行きたくなくなる。周りの出来事に関心がなくなる。朝起きられなくなる、夜なかなか寝付けないなどの睡眠障害。免疫力の低下により病気にかかりやすくなる。食欲不振、頭痛、めまい、動悸などの症状が挙げられます。

予防としては、気分転換したり、休息をしっかりとること、休みをしっかり持つことなどが大切にされています。

季節の変わり目も体調を崩しやすいので皆様、お気をつけ下さいませ。

 

投稿日:2011年5月12日 11:00 | コメント(0)

▲ページトップへ