地域生活支援センターこかげ

池袋 ホームレス

東京都心のホームレスの3割以上は知的機能に障害があるとみられることが16日、精神科医や臨床心理士らで作る研究チームの調査でわかったそうです。精神疾患も4割以上にあったそうです。ホームレス施策に障害者支援の視点も必要だと指摘されて来ています。

 

 池袋駅周辺で路上生活を送る人たちを支援する研究チーム「ぼとむあっぷ」が、昨年末に調べたそうで、本人の同意が得られた167人を対象に面接調査や簡易知能検査をしたそうです。平均55歳で全員男性。最終学歴は小学校が2%、中学校が56%だったそうです。

 その結果、軽度の知的障害がある人が28%、中度の障害の人が6%だったそうです。知的障害が軽い人の精神年齢は9~12歳程度で、ものごとを抽象的に考えるのが難しい、中度では6~9歳程度で、周囲の助けがないと生活が難しいとのこと。

 精神科医の診断で19%にアルコール依存症、15%にうつ病が認められるなど、41%の人に精神疾患があったそうです。

 研究チーム代表の精神科医・森川すいめいさんによると、周囲に障害が理解されず、人間関係をうまく結べないことで職を失うなどの「生きづらさ」が、路上生活につながった可能性があるという。知的障害により生活保護の手続きを自発的に取ることができなかったり、精神疾患により気力が下がったりして、なかなか路上生活から抜け出せない現状がある。森川さんは「障害に応じた支援策が必要」と指摘されています。

池袋という土地・・。どのようなサポートが出来るのか・・。しっかりと考えて行きたいところです。

投稿日:2010年5月27日 11:25 | コメント(2)

何か自分のこといわれているみたいで気分悪いです。

▲ページトップへ