地域生活支援センターこかげ

障害者自立支援法訴訟終結・・・。

福祉サービスに応じて障害者に原則1割負担を定めた障害者自立支援法ですが、「法の下の平等」を定めた憲法に違反するとして、東京都内の障がいを持った方が国に自己負担をなくすことなどを求めた訴訟がありました。

この訴訟に対して21日、東京地裁で和解が成立したようです。これで全国14地裁に原告71人が起こした訴訟はすべて和解が成立し、訴訟が終結しました。

 この法律をめぐっては、2006年4月の施行後、障がいを持った方らが「生存権などの侵害にあたり違憲だ」と提訴しました。国側は争う姿勢を示していましたが、昨年の政権交代後に長妻昭厚生労働相が廃止を明言し、今年1月、全国の原告・弁護団と国は同法を廃止し、13年8月までに新法を制定することなどを盛り込んだ基本合意を交わしています。

 訴訟終結を受け、原告・弁護団は記者会見で、「裁判を通じて悪法を廃止に追い込んだが、ひどすぎた制度をゼロに戻したに過ぎない。新法制定を求めるこれからが本当のスタート」とする声明文を出されていました。

法律に関しては様々なご意見をお持ちの方がいるかと思います。一つ言えることはもの凄く多くの人に影響を与えたことは間違いないですね。色々な方の事や状況を考えると複雑な思いがします。

 

投稿日:2010年4月22日 10:39 | コメント(2)

これからの新法がどうなるのかも気になります。
再び大きな変化が訪れるのでしょうか??
立場や環境によっては必ずしもそれがよいものになるとは限らないような気がしますが・・・。2013年・・・まだ先のようであっという間ですから、いろいろな意味で抵抗力をつけないといけませんね。

コメントありがとうございます。
どのように変わっていくのか注意して行きたいと思っています。
制度が分かることによって現場は大きく影響を受ける可能性は高いでしょうか。日々変化していく状況把握を大切にしていきたいと思っています。

▲ページトップへ