地域生活支援センターこかげ

ノロウイルス

皆さんこんにちは。お元気でしょうか?

この冬の時期には毎年のようにノロウイルスが流行していますね。ご存じの人も多いと思いますが感染すると

嘔吐下痢発熱を主たる症状としています。

症状の始まりは突発的に起こることが多く、夜に床につくと突然腹の底からこみ上げてくるような感触と吐き気を催し、我慢出来ずに吐いてしまうことが多いです。それも一度で終わらず何度も激しい吐き気が起こり、吐くためにトイレのそばを離れられないほどである。無理に横になろうとしても気持ち悪くて横になれず、吐き気が治まった後は急激且つ激しい悪寒が続き、さらに発熱を伴うこともあります。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもないそうです。ただし、免疫力低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、死亡した例(吐いたものを喉に詰まらせることによる窒息、誤嚥性肺炎による死亡転帰)も報告されているようです。

感染経路は特に飲食物を扱う人が十分に注意を払うことによって効果的な感染予防につながようです。

皆さん、十分に手洗いすること、うがいをすること

心がけて下さい。

投稿日:2010年1月26日 15:36 | コメント(0)

▲ページトップへ