Cafeふれあい

コーヒーについて

コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料であり、家庭や飲食店、職場などで飲用されています。石油に次いで貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産されアメリカ・イギリス・日本など全世界に輸出されています。

「コーヒー」はアラビア語でコーヒーを意味するカフワ(قهوة, Qahwah) が転訛したものである。元々カフワ意味していたカフワの語が、ワインに似た覚醒作用のあるコーヒーに充てられたのがその語源と言われています。

 

 

 

 

 

コーヒーは北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70カ国で生産されており、そのコーヒー農園でコーヒーノキの栽培と果実の収穫が行われています。さらに引き続いて、生豆(なままめ、きまめ、生のコーヒー豆のこと)を取り出すコーヒー豆の精製と呼ばれる加工作業までが、コーヒー農園で行われることが多いです。精製された生豆は生産国で集積され、選別・等級付けされてから消費国に輸出されます。生豆は消費地においてコーヒー独特の香味を生み出すために焙煎され、場合によっては複数の焙煎豆を混ぜてブレンドされる。その後粉砕により細かい粉状にされてから、水や湯で抽出されて、飲用に供されるコーヒーが出来上がります。

世界のコーヒー生産地と豆の名称

コーヒー豆の種類は、主に生産地で分けられている。名前の付け方は、国名(コロンビア、ケニア)、山域(キリマンジャロ、ブルーマウンテン)、積出港(モカ)、栽培地名(コナ、マンデリン)などが多い。この他、種名や栽培品たねの名を付加した名称(ジャワ・ロブスタ、ブルボン・サントス)や、選別時の等級を付加した名称(ブラジル No. 2、タンザニアAA)なども用いられている。また1990年代以降の動きとして、高品質であることを売り物に差別化を図るため、更に特定の農園の名前を冠したコーヒー豆も増えつつあり、近年ではそのような特定の農園からの豆のみのものや通常よりも現地での選別を厳しくしたハイクラス品のことをスペシャリティー(スペシャルティー)コーヒーと称する差別化が普及しつつあります。また生産国(特に中南米で盛んである)でおこなわれている品評会に入賞した農園の豆をオークションなどを使用して購入し、スペシャリティーコーヒー以上のプレミア品として更に差別化している販売業者も見受けられます。

カフェふれあいは台東区にありますカフェバッハさんの豆を使っています。バッハの豆は沖縄サミット時も使われたおいしい豆です。カフェふれあいではその豆を使い一杯一杯ハンドドリップでコーヒーを作っています。ぜひ皆さんおいしいコーヒーを飲みにお越し下さい。

CAFE BACH http://www.bach-kaffee.co.jp/

 

投稿日:2010年3月 9日 15:10 | コメント(2)

コメントありがとうございます。
また情報も合わせてありがとうございます。
先日店長がコーヒー検定を受けてきました。是非ご来店をお待ちしております。

神戸のコーヒー博物館に行ったことがありますよ。コーヒーの歴史や文化に触れられる他に、コーヒー博士検定もあっておすすめです!

トピックス/ニュース
カフェふれあい日替わりランチメニュー…
カフェふれあい日替わりランチメニュー…
カフェふれあい日替わりランチメニュー…
カフェふれあい日替わりランチメニュー…
ふれあい日替わりランチメニュー…
ふれあい日替わりランチメニュー…
カフェふれあい日替わりランチメニュー…
カフェふれあい日替わりランチメニュー…
カフェふれあい日替わりランチメニュー…
ふれあい日替わりランチメニュー…

月別ニュース

新着情報一覧へ

▲ページトップへ